英語を話せるようになってモテたい人必見!おすすめの英語勉強法を解説


「英語を話せるようになってモテたい!」と思った経験はありませんか?

今回は英語が話せるとモテる理由やおすすめの英語勉強法についてご紹介します。

英語を話せるようになってモテたい方や流暢に英語を話せるようになりたい方は、ぜひこの記事を参考にしてください。


英語が話せるとモテる理由



英語を流暢に話せる人はモテるといわれています。英語が話せる人がモテる背景には、いくつかの理由があります。


かっこよく見えるため


英語が話せるとモテる理由はかっこよく見えるためです。

流暢に英語を話したり、外国人と会話をしたりすると、知的でかっこいい印象を受けます。

しかし、日本では英語を話せる人の割合が世界的に見ても低い傾向にあります。

あるアンケート調査によると、英語を問題なく話せる・聞き取れると回答した人は1,000人のわずか2.5%でした。

(出典:おすすめ英会話「日本で英語を話せる人の割合は10%以下!?5Gでオンライン授業がもっと便利に進化する」https://englishfactor.jp/online/4918.html

英語話者の割合が少ないからこそ、英語を話せる人は周囲の人たちから賢さやかっこいい印象を持たれやすいため、モテるといえるでしょう。


年収が上がるため


英語力の高さと年収は相関関係にあるといわれています。

ある調査によると、英語ができる人の年収は高い傾向にあることがわかりました。

 
 ・年収500万円以下で英語の読み書きができる人の割合は22
 ・年収500〜700万円で英語の読み書きができる人の割合は48
 ・年収700万円以上で英語の読み書きができる人の割合は48

(出典:じょぶおたく「英語と年収の相関関係は?TOEIC900点は年収1000万円への最低条件…?」https://jobotaku.com/annual-income-up/#TOEIC

英語が話せると、外資系企業で働いたり、転職の幅が広げやすくなったりするため年収の高い仕事に就きやすいです。

英語ができて、年収が高いという面もモテる理由として挙げられます。


尊敬されるため


尊敬されることも英語を話せる人がモテる理由です。

人がむずかしいと感じている事ができたり、努力して英語を学んだ姿を見せたりすると、多くの人から尊敬されます。

例えば、TOEICで700点以上のスコアを取ったり、英検に合格したりすることで他の人に努力の結果を伝えることができます。

また、英語で会話ができると、周囲から「この人はすごい!」と尊敬されたり、憧れを抱いてもらえたりします。

努力の結果をアピールできるのも、英語を話せる人がモテる理由の1つといえるでしょう。


モテるための英語勉強法



実際に英語を話せるようになって異性からモテるには、英語を勉強することが大切です。

英語を上達させるには、適した勉強法を行いましょう。特に、スピーキングとリスニングがポイントとなります。

モテるためにおすすめの英語勉強法は主に以下の3つがあります。

  1. 発音を練習する
  2. スピーキング力を強化する
  3. リスニングに慣れて英語を聞き取れるようにする

それぞれの勉強法を詳しく解説します。


1. 発音を練習する


おすすめの英語勉強法1つ目は発音を練習することです。

英語を話すには正しい発音の仕方を意識することがポイント。

英語の発音がうまくできていなければ、会話がうまくできなかったり、流暢に話せなかったりする可能性があります。

音声付きの教材やアプリなどを使って、積極的に英語の発音練習を行いましょう。


2. スピーキング力を強化する


おすすめの英語勉強法2つ目はスピーキング力を強化することです。

英語でコミュニケーションを取るには相手の話を理解するのはもちろん、自分の意見を伝えることも大切です。

聞き手に対して、自分が思っていることや感じていることをスムーズに話すためにも、スピーキングに力を入れましょう。

シャドーイングやオーバーラッピングなどのトレーニングを取り入れるのがおすすめです。


・シャドーイング:聞こえてくる音声の影をすぐに追いながら、発音を真似る勉強法
・オーバーラッピング:聞こえてくる音声と同時に発音する勉強法

英語を話せるようになるために、スピーキングに効果的な勉強法を実践しましょう。


3. リスニングに慣れて英語を聞き取れるようにする


おすすめの英語勉強法3つ目はリスニングに慣れて英語を聞き取れるようにすることです。

実際に、誰かと英語で会話をするには、相手が話している内容を理解しなければいけません。

リスニングに慣れると、だんだんと英語の音を聞き取れるようになります。

特に、ディクテーションはリスニングの勉強に効果的です。


 ディクテーション:音声から聞き取った内容を紙やノートに書き取っていく勉強法

音声付きの教材やアプリなど、自分のレベルに合わせたリスニング問題を解きながら、英語の音に慣れていきましょう。


マンツーマンレッスンでスピーキング強化!PHLight英会話



PHLight(フライト)英会話恵比寿校は、フィリピン式の英語学習を取り入れたマンツーマンレッスンをメインに行う英会話スクールです。

当校は講師と1対1になって会話ができるため、英語を話す機会が自然と多くなり、コミュニケーションを取りやすい環境が整っているのが特徴です。

また、平日は 10:00~22:00 、 土日は10:00~19:00まで営業しているため、忙しい社会人の方も通いやすいです。


発音練習でスピーキング力アップ


PHLight英会話恵比寿校では、受講生のレベルや要望に合わせてレッスン内容をカスタマイズすることができます。

日常会話コースや基礎力向上コースの他にも発音コースもあるため、英語の発音を集中的に学びたい方や英語を流暢に話せるようになりたい方におすすめのコースとなっています。

講師に英語の発音をチェックしてもらいながら、だんだんと正しい発音に近づいていけます。


アウトプットによるスピーキング練習



PHLight英会話恵比寿校では、英語を話せるようになるためにスピーキングの練習が充実しています。

マンツーマンのレッスンがメインとなっているため、講師と英語で会話をする機会が多いのはもちろん、マンツーマンレッスンとグループレッスン共に、通い放題のプランがあるため、レッスンで学んだ内容をアウトプットしながらスピーキングを強化できます。

スピーキング力が上がることにより、スムーズに会話を楽しめるようになってきます。


↓「通い放題マンツーマンレッスン」の詳細はこちら。

↓グループレッスンによる「英会話ホーダイ」の詳細はこちら。


まとめ



今回は英語を話せるとモテる理由やおすすめの英語勉強法について解説しました。

英語を流暢に話せると、かっこよく見えたり、努力をアピールできたりするため、モテやすいといわれています。

リスニングやスピーキングを中心に勉強することで、英語の上達につながります。

実際に英語を話せるようになってモテたい方やスムーズな英語での会話のやりとりができるようになりたい方は、ぜひこの記事を参考にしてください。


PHLight英会話恵比寿校のブログでは受講生の方の声をお届けしています。

↓受験生の声はこちら。